「いのち」「生きる」をテーマの出版社として出版活動を続けてまいります

特集

第47回国際オーソモレキュラー医学会

① 被曝による健康障害とビタミンC栄養療法

 柳澤厚生 点滴療法研究会会長

② 気体分子である水素の医学利用と今後の展望

 辻 直樹 医療法人社団医献会辻クリニック理事長

③ 〜オゾン療法の臨床〜
 腸をターゲットとしたオゾン療法の可能性

 松村浩道 スピッククリニック院長

④ 3DS歯周病治療による抗加齢医学的効果

 森永宏喜 森永歯科医院院長

巻頭インタビュー

医療の現場から 第121回

市川電力ビルクリニック
市川恒次院長に訊く

「病を治するに本を求めよ」原因そのものを改善して治療することを「本治」と言います
ー生活習慣を改善して“快食・快眠・快便・快動”を心掛けなければなりません

特別企画 

「医師である私ががんになったら」シリーズ第63回

取材協力●赤木純児 独立行政法人くまもと県病院機構玉名地区保健医療センター院長

特別インタビュー

私のがん治療
龍ケ崎大徳ヘルシークリニック 島倉秀也院長に訊く

自身で選んだ治療法を信じて、「必ず治る」という気持ちをお持ちになってください

連載

帯津良一の「養生塾」 第120回

たまには心のときめきに任せて不摂生をしてみる

患者と医師のためのオーソモレキュラー医学情報 第75回

「第47回国際オーソモレキュラー医学会東京大会」の報告
アジア大洋州オーソモレキュラー医学会の発足と「東京宣言」

柳澤厚生 国際オーソモレキュラー医学会会長

患者さんのための心のケアQ&A 第108回

回答者/川畑伸子 サイモントン療法認定トレーナー

薬事法とサプリメント 第121回

人工知能は医師の代わりになるだろうか
臨床の現場ではより人間的な対応が求められる

佐藤信正 健康ジャーナリスト


奇跡の生還 第120話

舌がんを克服 石川賢一さん
有効なセカンドオピニオンを通し、最善の治療法・最高の医師に出会ってほしい

関 朝之 ノンフィクションライター

「命はやわじゃない」 78回

“がんサバイバー”からのメッセージ
病気はその人を苦しめようと思ってやってきているのではありません。その人が本当の自分から遠ざかってしまったときに、病気はそれをお知らせにやってくる存在なんです。

杉浦貴之 シンガーソングライター

がんの治療費 第121回

〜転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 Part1〜
従来は3cm以内で3個までだったが、機器が大きく進歩して適用が拡大傾向

佐藤信正 健康ジャーナリスト

癒しの空間 第121回

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のおにいさん」
介護現場に癒しを!
株式会社GOBOU代表取締役 ごぼう先生 梁瀬 寛さん

宮西ナオ子 フリーライター

情報

  • がん治療 ニュース&トピックス
  • 「バイオレゾナンス」実施医療施設
  • 講演会・患者会・学会 イベント情報ファイル
  • 新刊・既刊ー今月の本棚
  • バックナンバーのご案内
  • 超高濃度ビタミンC点滴療法―全国実施医療施設
  • 編集後記・次号予告


2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度