「いのち」「生きる」をテーマの出版社として出版活動を続けてまいります

特集 がん治療と漢方薬

2014_04_70.jpg

①漢方は、叩かれ損なわれた「患者さんを補う治療」である

塚本善峰 あいあいクリニック院長

②有効成分の作用機序が明らかになりつつある漢方薬ー日増しに拡大していく、がんの緩和療法における漢方の役割

西山寿子 大手町さくらクリニックin豊洲院長

③当院における漢方診療ー医師と漢方の薬剤師による有効な抗がん処方

高橋正樹 つるかめクリニック院長
中尾典義 榎屋相談薬舗株式会社 薬剤師

④がん化学療法の副作用を軽減するために、漢方薬を組み合わせることで対応が可能に

今津嘉宏 芝大門いまづクリニック院長

医療の現場から●吉村眼科内科医院

吉村尚美副院長に訊く

がんになった理由の「気づき」が根本的治癒につながる
ー病院の全方位的治療を目指し、カテゴリーに囚われない治療を実践

特別企画 短期連載(中)

歯臓革命 「歯があるのが当たり前の社会を作りたい」
「歯は中枢の臓器」であり、命と秩序と調和と光を決定づける

特別インタビュー 私のがん治療

ハートクリニック練馬春日町 岡 英孝院長に訊く

心臓とこころの2つを診る 高濃度ビタミンC点滴で副作用のないがん治療

milk_btn_pagetop.png

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度