「いのち」「生きる」をテーマの出版社として出版活動を続けてまいります

特集
高濃度ビタミンC点滴療法によるがん治療

① がん難民であっても希望の療法として取り入れている補完代替療法
 ー高濃度ビタミンC点滴療法と温熱療法

 船戸崇史 船戸クリニック院長

② 副作用のない超高濃度ビタミンC(IVC)点滴療法思考により良好な経過が認められた症例の提示

 三宅光富 みやけ内科クリニック院長

③ ビタミン・ケトン療法は科学的根拠のある代替療法である

 福田世一 小倉台福田医院院長

④ 各種がんに対する超高濃度ビタミンC点滴療法を組み合わせた症例報告

 甲 陽平 医療法人輝鳳会理事長

巻頭インタビュー

医療の現場から 第110回

医療法人貴正会 村上内科医院
村上正志理事長に訊く

がん治療の基本は免疫力と抗酸化力を重視すること
――精神的ストレスと身体的ストレスのどちらのストレスも排除しないと、いくら良い治療を受けても効果が半減してしまいます

特別企画 

「医師である私ががんになったら」シリーズ第52回

取材協力●松島修司 プルミエールクリニック副院長

特別インタビュー

私のがん治療
海風診療所 沼田光生院長に訊く

~がんを克服した後の自身を想像しワクワクする夢を見てください

連載

帯津良一の「養生塾」 第109回

死についての考えがないのは「不完全な医療」

患者と医師のためのオーソモレキュラー医学情報 第64回

フィリピンで開催された「統合医療に関する第1回国際医科学ワークショップ」の出席報告

柳澤厚生 国際オーソモレキュラー医学会会長

薬事法とサプリメント 第110回

最新治療の限界と主体性のあり方
血栓溶解療法(t−PA治療)を例として

佐藤信正 健康ジャーナリスト

援けます!実力派抗がんサプリ 第35回

自らの乳がんに教えられたがんとの向き合い方

旭丘光志 健康ジャーナリスト

奇跡の生還 第109話

喉頭がんを克服 永井一男さん
「病気が自分のすべてではない」と思いながら

関 朝之 ノンフィクションライター

「命はやわじゃない」 67回

“がんサバイバー”からのメッセージ
国会議員の言葉より、「がん患者が傷つく」という決め付けのほうが嫌ですね。反論する言葉でなく、生き方で語っていきましょう。

杉浦貴之 シンガーソングライター

癒しの空間 第110回

本物研究所 「ほんもの」で癒しの空間をパワーアップ
株式会社本物研究所 代表取締役 佐野浩一さん

宮西ナオ子 フリーライター

情報

がん治療 ニュース&トピックス
「バイオレゾナンス」実施医療施設
講演会・患者会・学会 イベント情報ファイル
新刊・既刊ー今月の本棚
バックナンバーのご案内
超高濃度ビタミンC点滴療法―全国実施医療施設
編集後記・次号予告

milk_btn_pagetop.png

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度