「いのち」「生きる」をテーマの出版社として出版活動を続けてまいります

特集
婦人科系がんの治療

① 女性診療クリニックの役割とは
―定期的検診を積極的に勧め、前がん病変である「異形成」という状態で食い止める

 齊間頼子 医療法人社団洋光会 協和医院理事長

② 子宮頸がんの予防と早期発見のために

 日比野佐和子 Y'sサイエンスクリニック広尾統括院長
 監修 清水敬生 ウイメンズクリニック南麻布院長

③ 婦人科系がんにおける統合医療と女性の生き方によるがん治療の選択〜一女性医師からの思い〜

 木許 泉 広瀬クリニック

④ 婦人科系のがんを乗り越えて生きる
〜ヒロインズ・ジャーニーを生きる2人の手記〜

 土橋美子 医療法人慈恵会 土橋病院院長

巻頭インタビュー

医療の現場から 第112回

ハートクリニック練馬春日町
岡 英孝院長に訊く

希望を捨てずに、おきらめずにいて欲しいと思います
――寄り添ってくれる医師はたくさんいらっしゃいますし、あんたに合った治療法がまだまだあると思います

特別企画 

「医師である私ががんになったら」シリーズ第54回

取材協力●森嶌淳友 ラビィータメディカルクリニック院長

特別インタビュー

私のがん治療
小倉台福田医院 福田世一院長に訊く

~糖質制限と、お肉・卵・チーズのMEC食ががん治療の基礎だと思います

連載

帯津良一の「養生塾」 第111回

筋肉や臓器の強化で得られる体力と、自然治癒力・生命力は異なる

患者と医師のためのオーソモレキュラー医学情報 第66回

「ビタミンC点滴」が血液がん幹細胞を殺す

柳澤厚生 国際オーソモレキュラー医学会会長

薬事法とサプリメント 第112回

代替医療を選択することは間違いか
標準治療を超えた統合医療が求められる

佐藤信正 健康ジャーナリスト

新連載 第3回(最終回) 中医学とがん治療

漢方薬、鍼灸、按摩推拿が3大療法

今中健二 中医師

新連載 【がん克服シリーズ】新刊書籍『抗がん漢方』を検証

第4回 「日本は先進国の20年遅れ」とWHOから指摘されたがん治療の問題点

取材協力 抗がん漢方を考える会

奇跡の生還 第111話

腎臓がんを克服 一柳茂樹さん
がんと折り合いをつけて生きていければいい

関 朝之 ノンフィクションライター

「命はやわじゃない」 69回

“がんサバイバー”からのメッセージ
養生したうえで、漢方も効く。どんな治療法も、薬も同じ。ベースは生活習慣ですね。そして、中庸の大切さです。

杉浦貴之 シンガーソングライター

癒しの空間 第112回

情熱のイタリア音楽とオリーブ&フランチャコルタで心身共に楽しみ癒される
テノール歌手 榛葉昌寛さん

宮西ナオ子 フリーライター

情報

がん治療 ニュース&トピックス
「バイオレゾナンス」実施医療施設
講演会・患者会・学会 イベント情報ファイル
新刊・既刊ー今月の本棚
バックナンバーのご案内
超高濃度ビタミンC点滴療法―全国実施医療施設
編集後記・次号予告

milk_btn_pagetop.png

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度